蔵のいのちは日本の心三益屋
お店の紹介
特定商取引法
お問い合せ
洗米した後の55%のお米。
これと水と酵母でお酒が出来る。
創業1840年の昔ながらの神亀酒造。
麹室。
米と種麹が入っている。夕方もみほぐす。
「機械で麹造りを覚えてしまうと、本当の麹造りを
知らなくなってしまう。
だから、うちは職人を残すためにも全て手造りで
やっている」と、小川原専務。
出来上がった麹。
噛めば噛むほど甘みがでてきて、美味しかった。
麹の様子を見ている。温度管理がとても大事! 念入りに見ている。
麹を均一にする作業。とても早くて迫力があった。 積まれているものを全て手作業で均一にする。
中はとても寒い。ここでいつも作業しているんだ。 酒母。水、蒸し米、乳酸、酵母で出来ている。
ここで、乳酸を入れなければどぶろくになる。
酒母を移したところ。えだ桶。酵母の繁殖をさせる。 もろみ。ぶくぶくいっている。
泡なし酵母で仕込んだもの。 泡が沢山の酵母で仕込んだもの。
昔の酵母は泡が沢山だったとか。
でも、掃除が大変らしい!
タンクごとにお米の酒類、なん%お米を削ったか、
日にちが貼ってあった。昔は米を探すために、
全国をまわったと小川原専務。
山田錦が一番いいとおっしゃっていた。
酒蔵の中。
2月のはじめに仕込まれたお酒。美味しかった〜! 積まれているのは、もろみです。
これを押して、お酒が蛇口から出る仕組み!
冷蔵庫の中!いっぱいあった!! 外から見た冷蔵庫。
神亀酒造のシンボルのカメさん♪ 神亀酒造の酒屋さん!
サークルの学年旅行で静岡まで…ちょっと写真を〜♪
沼津魚市場。築地みたいにすごい人だった!! 行列の出来る“丸天”!!
3色どんぶり!ボリュームまんてん美味しかった〜! 人がひっきりなし!店員さんもすごい威勢がいい!
足湯…全身ポッカポカ!! 修善寺。桜がきれいだった!
パターゴルフ楽しかったー!!! 富士山がきれいだったな★
H19.3.13 神亀酒造へレッツゴー

埼玉県蓮田市にある神亀酒造へ従姉の鈴代ちゃんと行ってきました〜!
生産される酒がすべて純米であるということは有名!!
純米酒といえば神亀酒造ですよね!