蔵のいのちは日本の心三益屋
お店の紹介
特定商取引法
お問い合せ
旧酎
侍士の門

「源氏芋」や「白玉米」という古代に由来する原料を使っているため、ファンの間では旧酎と呼ばれているウワサです。芳醇な味わい、まったりした口触りの本格焼酎です。

原材料 さつま芋・米麹
アルコール分 25度

醸造元 太久保酒造

メールにてご予約を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com


720ml 1,975円
1800ml 3,360円
薩摩桐野

激動の時代を波乱万丈に生きた薩摩日本人−
中村半次郎と云い、自顕流の凄腕で敵は人斬り半次郎と恐れた。
芋侍から陸軍少将にまでなりながら、官職も捨て西郷さんと生死を共にした薩摩の隼人である。其の如く「薩摩 桐野」も潔く進化を遂げる。
                   〜裏ラベルより〜
【造り】
麹米は酒米を使用。今後、挑戦を続け進化する。
芋は焼酎造りに最適な南薩摩産「黄金千貫」を厳選して使用。
焼酎道55年、笠沙町在住「黒瀬 勉」杜氏が自信を持って世に送り出す黒瀬の技が冴え渡った逸品。

原材料 さつま芋・米麹
仕込み 白麹仕込み・甕仕込み・甕壺貯蔵
アルコール分 25度

醸造元 中俣酒造

メールにてご予約を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com


720ml 1,630円
1800ml2,950円
弥作

当初、発売された本数は1200本です。
麹米に幻の米「白玉」を使用し、「侍士の門」として世に出される予定で2種類の芋焼酎が600本ずつ仕込まれたことがありました。
その2種類の1つは原料芋がゲンチ芋でもう1つは黄金千貫です。麹菌も白と黒で使い分けられておりました。
(現在の「侍士の門」は白玉米×ゲンチ芋×黒麹です)

今回、惜しまれながらも「侍士の門」にはならず、試作の段階で消えてしまった幻の焼酎、(白玉米×黄金千貫×白麹)の組み合わせで蔵元を変えて復活させたのが、“弥作”です。


『日向の国から“弥作という民間人が持ち帰る・・・福岡”』
という資料に深く由来した人名を銘柄に起用。
白玉米の香ばしさと厳選された大隈産上質の黄金千貫を用い、鹿児島県伝統を伝承する名杜氏「黒瀬安光」の手により、焼酎の命を入魂され、ここに蘇る。
                     〜裏ラベルより〜

芋:大隈産 黄金千貫
米:白玉
アルコール分 25度

醸造元 鹿児島酒造

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します

info@mimasu-ya.com

720ml 1,470円
1800ml
 2,940円
岩川郷 私領
五番隊

兄弟の契り
敬すること 兄の如く
親しむは 弟の如き


戊辰の役で、旧薩摩藩と旧庄内藩が温海町関川地区で最後の激戦の末、旧幕府軍を破る私領五番隊の功績を認められ岩川郷となる。
その激戦地、温海町とは「戊辰の役」を取り持つ縁で交流を続けている。
                       〜裏ラベル〜

造り 黒麹・麹米(大隈町産)、さつま芋(ベジータレッド)
生産者育成新品種の貴重な芋です。

原材料 さつま芋・米麹
アルコール分 25度

醸造元 大石酒造

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します

info@mimasu-ya.com

1800ml 2,800円
悟空の眠蔵
悟空の眠蔵
〜ラベルより〜
悟空が住むような切り立った刀剣山の麓に、魚も存在しないほどの清涼な水流を傍らに復活の蒸留所が存る。
たまに麦の香りに誘われて猪が山から降りてくるそれとも地下に眠った焼酎の香りに誘われたか。


水は高隅水系国有林に囲まれた猿ケ城渓谷の美味しい伏流水を使用しています。


麦・米麹
アルコール分 25度
醸造元 八木酒造

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します

info@mimasu-ya.com

1800ml 2,940円
侍士の会グッズ
★好評発売中★
ページへジャンプ

侍士シリーズ
侍士シリーズ