朝日酒造
 

〜鹿児島県縣大島郡喜界島町湾〜
    


壱乃醸 朝日
壱乃醸朝日 食中酒として造られた黒糖焼酎です。濃厚な黒蜜の香りとアルコール臭が絡み合う重厚な香りです。骨太な仕上がりだが、とてもキレがよくてファンの多い焼酎です!

原材料 黒糖・米麹
アルコール分 25度


お湯割りロック水割りでどうぞ


メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

                 
 720ml 1,550円
1800ml 3,050円
飛乃流 朝日
飛乃流朝日 麹米に国産米を使用して低温で仕込み、1年3ヶ月間熟成させています。やわらかな甘さがあり、食中酒に向いています。

原材料 黒糖・米麹
アルコール分 25度


お湯割りロック水割りでどうぞ


メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

                        
720ml 1,450円
1800ml 2,800円
朝日
朝日酒造/朝日 伝統的な常圧蒸留で黒糖の豊かな香りを存分に引き出しています。口に含むとほのかに甘く芳醇な香りが立ち上がり、香りだけではなく酔い心地も爽やかにさせてくれる黒糖焼酎です。


原材料 黒糖・米麹
アルコール分 30度


お湯割りロック水割りでどうぞ


メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

720ml 1,360円
1800ml 2,480円
奄美 黒潮
奄美 黒潮 自然の味を伝統ある製法で引き出した蒸留酒ですから粋醒めが爽やかで後が残りません。
又、糖分や薬品添加物等一切含んでおらず安心して召し上がれる健康酒です。

原材料 黒糖・米麹
アルコール分 35度


ロック水割りストレートでどうぞ

完売御礼!720ml 2,250円
陽出る國の銘酒 2001
(ヒイズルシマノセエ)
陽出る國の銘酒2001(ヒイズルシマノセエ)陽出る國の銘酒(ヒイズルシマノセエ)
1999年に植え付けされたサトウキビは、2001年に収穫され、そして黒糖へと生まれ変わりました。
自家製黒糖100%の正真正銘の喜界島のお酒が長い年月を経て、眠りから醒めました!
長期熟成された原酒は、黒糖焼酎特有の熟成香を放ち、今までとは違った世界を楽しめると思います♪
ストレート、ロックもですが、ぬるめのお湯割りはもっと面白い表情が見えます。

※「陽出る國の銘酒」とは、「喜界島の酒」という意味です。

原材料 黒糖・米麹
アルコール分 44度(原酒)


ストレートでどうぞ


メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

360ml 3,000円
南の島の貴婦人
南の島の貴婦人「朝日酒造」
新しい可能性を追求した、
黒糖焼酎のニュースタイルです!



蒸留では原酒から抽出される順に、「初垂れ」「本垂れ」「末垂れ」と呼ばれていますが、「南の島の貴婦人」は旨み成分が凝縮された初留取りです。

黒糖初留特有の華やかな香りとまろやかな甘みを感じます。濾過を最小限に抑えてますので、冷凍庫でギンギンに冷やしてグラスに注いでいただくと油性成分が雪のように散り、五感で楽しんで頂ける焼酎になると思います。食前または食後がオススメです!

アルコール度数も高いため、ボトルごと冷凍庫で冷やしても凍ることがありません。
とろりとした濃厚な味わいをお楽しみください!

〜銘柄について〜
大胡麻斑蝶「オオゴマダラチョウ」は、喜界島を生息北限とする白黒模様の蝶で気品ある姿から喜界島では、別名”南の島の貴婦人”と言われています。初留の華やかな香りに誘われて、一匹の蝶が舞い降りてきた。そんな風景を想いながら命名されました。


原材料 黒糖・米麹
アルコール分 44度

ストレートでどうぞ

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

360ml 2,730円
蔵のいのちは日本の心三益屋
お店の紹介
特定商取引法
お問い合せ
☆その他の国産ラム☆
めんそ〜れ〜♪
無ろ過「南光」 南光ハイビスカス25度 与那国ブーゲンビレア25度 無ろ過「千代泉」 千代泉「復刻ビール瓶ボトル」 稲妻シーサー 情熱のハイビスカス シークワーサーのお酒 瑞泉「翔」
南光酒造 崎元酒造 千代泉酒造 龍泉酒造 瑞泉酒造

朝日酒造は大正5年(1916年)の創業で、最古の歴史と伝統を誇る蔵元です。喜界島や奄美大島は、サトウキビ栽培が盛んなところではありますが、焼酎の原料としてはコストが高いため、収穫したサトウキビの多くは製菓用に使われます。

しかし、朝日酒造は、サトウキビの栽培から、黒糖精製、黒糖焼酎造りまで、一貫した生産を目指し、焼酎造りに励んでいる蔵元です。

朝日酒造のある喜界島は、奄美大島の西30kmにあり、北東から南西に直線距離で15km、海岸線をぐるっと一周しても50kmの平坦な島です。

黒砂糖をかじりながら、黒糖焼酎を一杯・・・

口の中で甘さが
ふわ〜っと広がり、知らない間に黒糖の世界へと入り込んでしまいます。