生もとのどぶ
生もとのどぶ


そもそも生酛づくりとは・・・
市販の乳酸を添加せず、自然界にいる乳酸菌がつくる乳酸だけで仕込む、昔ながらのお酒のつくり方です。現代のお酒は速醸酛づくりと呼ばれ、市販の乳酸を使用しています。乳酸菌が乳酸をつくるまでの時間と手間を省くためです。

麹をひたすらすり潰す “酛摺りもとすりお米をするという重要な工程といいます。「生酛づくり」と呼ばれる昔ながらの手作り製法で、これを採用しているのは、全国千数百蔵のなかでも久保本家を含め数蔵しかございません。


さてさて、そのお味は・・・
上品な味わいです。
口に含むとトロリとしていて、粒々感がやみ付きになりそうです。
燗にすると、ガラリと雰囲気が変わります。
「旨い!」の一言です。
熱燗、ぬる燗でお楽しみ下さい。


久保本家のお酒は関西、関東地区の一流ホテルで愛飲されていますぜひ、お料理に合わせてお飲みください。


原料米/米、麹米
精米歩合/65%  
アルコール度/15度

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com



720ml 1,500円
1800ml
 3,000円
生もと純米酒漬
梅酒
生もと純米酒漬 梅酒
生もと純米酒に梅を豊富に漬け、純粋蜂蜜で抽出したエキス分の高い贅沢の限りを尽くした梅酒です。まろやかさが特徴で上品な甘味に加え、酸味がとてもさわやかです。
そのままストレート、ロックでもおいしく召し上がっていただけますが、濃厚タイプですので水、ソーダ等で割ってお楽しみください。



※オリが沈殿することがありますが、梅酒の成分で品質には問題はありません。


原材料 日本酒(生もと純米酒)、梅、蜂蜜
アルコール分 9度

メールにてご注文を承っております。
お名前・ご住所・お電話番号のご記入をお願い致します。


info@mimasu-ya.com

1800ml 5,145円
蔵のいのちは日本の心三益屋
お店の紹介
特定商取引法
お問い合せ
新藤酒造  雅山流
奈良県宇陀郡大宇陀町出新